写真

首、肩の症状の改善例

1年ほど前から左肩が上がらない。整形外科で五十肩と診断された。
症状
1年ほど前から左肩が上がらない。常に肩こりも感じている。
年齢・性別
50代 男性 自営業
経過
施術8回で気になる痛みはほぼ消失。
・1年ほど前から左肩が上がらない
・整形外科で五十肩と診断された。
・常に肩こりも感じている。
詳しい施術内容は

来院時の症状

1年ほど前から左肩が上がらない。整形外科で五十肩と診断された。常に肩こりも感じている。

カウンセリング・検査

frozenshoulder一年ほど前からいつの間にか左肩が動きづらくなり、整形外科で五十肩と診断された。整形外科でのリハビリは回復の実感が得られず数回で断念した経緯あり。今はピーク時よりは少し楽にはなったが、未だに動く範囲は狭い。服を着る時などはまだ痛みも感じる。典型的な四十肩・五十肩の症状。 肩関節の検査では両腕の外転(左右に腕を広げて、さらに耳の横まで上げる動作)の可動域に大きな左右差あり。左腕は耳までつけることは出来ない。外転、外旋時に痛みも伴う。肩甲骨、首周辺にトリガーポイント 多数あり。特に左の棘上筋の硬化が著しい。

原因分析

日常において運動など、体を動かす機会や汗をかく機会はほぼ無いとのこと。慢性的な運動不足は大きな原因の一つであることを説明。また、慢性的な肩こりを放置していることも原因としてあげられる。五十肩と肩こりの両方の原因として、姿勢の悪さ、特に猫背が目立つ。また、お仕事の運送業において、重いものを持つことが多いのも関連性あり。

施術プラン

四十肩・五十肩は1~2年ぐらいの、ある程度長いスパンで進行していく症状なので、回復にもある適度の根気が必要であることを説明。まず、肩関節、肩甲骨、首周辺のトリガーポイントにアプローチし、筋肉の緊張を緩和。特に硬化が目立つ棘上筋は、モビリゼーションを行いながらフリクションマッサージ、ストレッチなどにより念入りに施術。長期的には、肩甲骨の可動域が落ちないよう、正しい姿勢を覚え、猫背を改善する。

カイロ施術後の経過

施術1回目
可動域の検査をしながら、徐々に左肩関節に動きをつけていく。施術後は動きの改善を実感。ただし、動かした時の痛みはまだかなり残る。最後に、肩甲骨を自分で動かす体操を指導。一日3~4セットを仕事中に行う。
施術2回目
初回の施術の直後よりも、その翌日がかなり楽に感じられたとのこと。ただし、初回で効果を感じられる方ほど、その後に油断してしまいやすいことをお伝えし、集中治療を続行。猫背改善のための首の体操を指導。
施術3回目
まだ痛みは残るが、動く範囲がかなり改善されている様子。服を着る時がだいぶ楽になったとのこと。施術後は痛みも少し軽減。大胸筋のストレッチ法を指導。
施術4回目
かなり調子は上がってきている。左腕を伸ばして上げる外転時に、耳に付くようになってきた。肩甲骨の体操の応用編を指導。
施術5~7回目
調子は良い。肩こりにも少し変化を感じてきている様子。肩甲骨の体操は復習と応用の繰り返し。
施術8回目~現在
日常生活で気になる痛みはほぼ消失。ただし、痛くなくなると体操がさぼり気味になってしまい、調子には波がある様子。今後の課題は、肩こりの負担をためすぎないように、体を動かす機会を作ること。スポーツジムに興味が出てきたとのこと。 ※効果には個人差があります。

アクセス・地図

関連症状:
カイロプラクティック ゴルフ テニス リハビリ 五十肩 四十肩 専門医 整体 整形外科 新宿 東京 肩が上がらない 肩が痛い 肩の痛み 肩甲骨 肩関節周囲炎
この症例に近い症例
ストレートネックとは?
トリガーポイントとは?
首の痛み・寝違え
顎の痛み・顎関節症
腰痛・ぎっくり腰
腱鞘炎・手のしびれ
ゴルフ肘・肘の痛み
膝の痛み・ランナー膝
頭痛
坐骨神経痛
O脚矯正
骨盤矯正
慢性疲労症候群
背中・肩甲骨の痛み
四十肩・五十肩
  • 首・肩・頭部の症状
  • 腰・背中の症状
  • 手足の症状
  • 全身の症状
↑
↑