写真

手足の症状の改善例

ゴルフ肘。ゴルフをすると左肘が電気が走るように痛む
症状
電気が走るような左肘の痛み。ゴルフ以外では痛みは感じない。ゴルフ肘。
年齢・性別
50代 男性 自営業
経過
ゴルフは継続しながら、施術5回で肘の痛みはほぼ消失。
ゴルフ肘と診断。
・左肘が電気が走るように痛む
・スイングの瞬間に鋭い痛み
・病院ではゴルフは止められている。
詳しい施術内容は

来院時の症状

2-3ヵ月前から、ゴルフのスイングをすると電気が走るように左肘が痛む。ゴルフをする時以外は痛みは感じない。

カウンセリング・検査

golfelbowゴルフ歴約20年。ラウンドは月に2回ほど、練習場は週1回以上。ここ半年くらい球を打つ頻度が多くなっていて、2-3ヵ月前から、スイングする瞬間に左 肘全体に電気が走るような痛みがある。ゴルフをしている時以外では痛みはほとんど感じないので、日常生活に支障はない。整形外科でレントゲンを撮ったが特 に異常なし。安静にするよう言われている。典型的なゴルフ肘の症状。 左肘の検査では、動かしただけでは痛みは再現されないが、伸展(肘を伸ばす動き)方向に力をかけようとすると、痛みが再現された。肩甲骨の可動域にも左右 差があり、左の肩甲骨の動きが少ない。左肩甲骨周辺にトリガーポイントあり。詳しくお話を伺うと、数年前に四十肩を患っており、現在では肩はほぼ完治して いるとのこと。

原因分析

肘に痛みを飛ばしている原因は、ゴルフ以外の日常では痛みを感じていないので、靭帯などの怪我よりも、上椀三頭筋(二の腕の筋肉)の停止部(肘付近)のトリガーポイント である可能性が高い。上椀三頭筋は肘を伸ばすために使う筋肉で、ゴルフ、野球、テニスのバックハンドなどの打球時には非常に大きな負荷がかかる部分である。同様の症状が野球肘やテニス肘でも起こる事がある。また、四十肩の後遺症で左の肩甲骨の可動域が狭い分、左肘にかかる負担も大きくなりやすいのも遠因の一つと言える。

施術プラン

痛みの原因である上椀三頭筋を集中施術。主にストレッチとフリクションマッサージを用いて筋肉の緊張を緩和させていく。少しでも肘への負担が減るように、手首のモビリゼーション、矯正も同時に行う。長期的には、四十肩の後遺症がある肩甲骨の可動域を少しずつ広げていく事が予防につながるので、肩甲骨周辺、特に棘上筋を中心に緩和操作、モビリゼーションを行う。ゴルフ肘・肘の痛みの治療

カイロ施術後の経過

施術1回目
上椀三頭筋のフリクションマッサージは少し痛みも伴うが、施術中は肘の方にいつも感じている痛みが再現され、ご本人も原因となる部分に納得できた様子。施術後に筋肉痛のような痛みが出やすいが、ゴルフはやっても大丈夫である旨を説明。最後に、上椀三頭筋のストレッチを指導。一日3~4セットを仕事中に行う。
施術2回目
初回の施術後、痛みの質が大きく変わったとのこと。始めの電気の走るような痛みから、筋肉痛のような痛みに変わり、不快な痛みはかなり減少したとのこと。施術内容は前回と同じ。最後に、ゴルフ中にも簡単にできる手首のストレッチを指導。
施術3回目
電気のような痛みはほぼ消失。筋肉痛の痛みは依然残るが、それも前回よりは軽減。肩甲骨のモビリゼーションの分量を増やし、背中全体も施術。肩甲骨を動かす体操を指導。
施術4回目
筋肉痛の痛みはまだ少し残るが、かなり調子は上がってきている。仕事中感じていた肩こりも軽減しているとのこと。施術後、良い姿勢づくりのための体の使い方を練習。
施術5回目~現在
肘の痛みは消失。久しぶりに気持ち良くラウンドが出来たとのこと。肩甲骨の可動域が上がった分、球が打ちやすくなったのを感じているという。今後は再発予防、飛距離アップのために、週一回のペースでメンテナンスを希望。 ※効果には個人差があります。

ゴルフの痛み・ゴルフ肘・ゴルフの腰痛治療の専門サイト

アクセス・地図

関連症状:
つらい痛み専門 インパクトの瞬間 ゴルフの痛み ゴルフエルボー ゴルフ肘 スイング スウィング ストレッチ テニスエルボー テニス肘 トリガーポイント バックハンド 五十肩 右肘 四十肩 専門治療 左肘 手首の痛み 改善 整体 新宿 東京 治療 肘が痛い 肘の痛み 肩甲骨 野球肘 電気が走る 飛距離アップ
この症例に近い症例
ストレートネックとは?
トリガーポイントとは?
首の痛み・寝違え
顎の痛み・顎関節症
腰痛・ぎっくり腰
腱鞘炎・手のしびれ
ゴルフ肘・肘の痛み
膝の痛み・ランナー膝
頭痛
坐骨神経痛
O脚矯正
骨盤矯正
慢性疲労症候群
背中・肩甲骨の痛み
四十肩・五十肩
  • 首・肩・頭部の症状
  • 腰・背中の症状
  • 手足の症状
  • 全身の症状
↑
↑