写真

手足の症状の改善例

太腿(太もも)~お尻の痛み。特に座っている時が辛い。
症状
お尻から太腿(太もも)の裏にかけて痛みがある。
年齢・性別
30代 男性 会社員
経過
施術8回で痛みはある程度収まっている。
左のお尻から太腿(太もも)の裏にかけての痛み。
・特に座っている時が辛い。
慢性的な腰痛にも悩んでいる。
詳しい施術内容は

来院時の症状

一か月ぐらい前から左のお尻から太腿(太もも)の裏にかけて痛みがある。特に座っている時が辛い。慢性的な腰痛に悩んでいるが、今回のような症状になったのは初めで、知人に坐骨神経痛ではないか、と言われた。

カウンセリング・検査

hamstring左のお尻の痛みのきっかけは思い出せないが、症状が出始めた前後から、腰の調子も良くない。朝、顔を洗う時や靴下を履く時、長時間の車の運転時は腰もおし りの痛みもとても辛い。今までにぎっくり腰を数回繰り返しており、ここ1年ぐらいはぎっくり腰にはなっていないが、常に腰の痛みに悩まされている。スポー ツはゴルフを月一回ラウンドする程度で、ラウンド後はかなり腰の痛みが増す。 腰椎の動きを検査したところ、下位の腰椎に動きの低下、特に伸展動作(腰を反らす動作)に制限がある。またその周囲、特に左側の筋肉にトリガーポイント が目立つ。

原因分析

まず、背骨の骨と骨の間にある椎間板というクッションについて、また背骨全体の構造を説明し、腰の屈曲動作(腰を曲げて背中を丸める動作)に原因があることを説明。日常生活の中で思い当たる節を考えてもらうと、デスクワークの時の姿勢や、車の運転が多いこと、普段から腰を曲げる機会が多いことなどが挙げられた。施術後は、関節の動きを定着させるために、それらの原因の排除も必要であることを説明。左股関節の可動域の低下も原因の一つとみられる。

施術プラン

腰の腰方形筋、患部の中殿筋、ハムストリングの、特に左側を中心にトリガーポイント にアプローチし、筋肉の緊張を緩和。股関節を動かす筋肉にもアプローチし、可動域を広げるようにモビリゼーションを行う。その後、マッケンジー体操という腰痛、坐骨神経痛の治療体操を指導。長期的には、腰を曲げないために、その分、股関節を使う練習や体づくりを行い、再発を防ぐ。

カイロ施術後の経過

施術1回目
マッケンジー体操を行う中で、背骨、椎間板のメカニズムに関して詳しく説明し、日常生活でやってはいけない動作を説明。施術後は、でん部、太ももの痛みは軽減。腰の痛みは変化なし。マッケンジー体操は、朝晩1日2回行う。
施術2回目
お尻、太ももの痛みはかなり軽減。一方で、腰の痛みが気になるようになってきた。お尻、太ももの痛みが気になっているせいで、腰の痛みをそれほど感じられてなかった可能性があることを説明。お尻の筋肉のストレッチを指導。
施術3回目
お尻、太ももの痛みは軽減してはいるが、長時間座る時にはやはり少し気になるとのこと。腰の痛みは鋭さはなくなり、重い筋肉の痛みに変わってきた様子。ハムストリングのストレッチを指導。マッケンジー体操の復習。
施術4回目
施術後、お尻、腰ともに痛みはほぼ消失。座り姿勢を指導。マッケンジー体操の時間を少し長めに変更。
施術5回目~7回目
調子は良い。体の使い方のコツがつかめてきたらしく、今までいかに腰を曲げていたかを痛感しているとのこと。マッケンジー体操を微調整。
施術8回目~現在
たまに調子の浮き沈みもあるが、体操と施術でカバーできる範囲に収まっている。ゴルフをしても腰やお尻が痛むことはなくなったとのこと。現在は、腰のコンディション維持と、運動不足解消のため、週一回のペースでメンテナンス中。実際、施術後にかなりお腹が減るらしく、運動効果も感じてくださっている様子。長期的な課題は、腰への負担軽減のため、股関節の可動域を更に広げること。 ※効果には個人差があります。

アクセス・地図

関連症状:
おしり お尻の痛み ゴルフの腰痛 トリガーポイント ハムストリング マッケンジー体操 マッケンジー法 マッケンジー療法 坐骨神経痛 太もも 太股 太腿 改善 整体 新宿 東京 治療 痛い 痛み 股関節 臀部
この症例に近い症例
ストレートネックとは?
トリガーポイントとは?
首の痛み・寝違え
顎の痛み・顎関節症
腰痛・ぎっくり腰
腱鞘炎・手のしびれ
ゴルフ肘・肘の痛み
膝の痛み・ランナー膝
頭痛
坐骨神経痛
O脚矯正
骨盤矯正
慢性疲労症候群
背中・肩甲骨の痛み
四十肩・五十肩
  • 首・肩・頭部の症状
  • 腰・背中の症状
  • 手足の症状
  • 全身の症状
↑
↑