写真

全身の症状の改善例

慢性疲労。疲れやすく疲労感が取れない。胸が苦しい。
症状
常に疲れやすく疲労感が取れない。すぐ息が切れる。
年齢・性別
30代 男性 会社経営
経過
施術6回で疲労感、息苦しさ、ともに消失。
慢性疲労
・常に疲れやすく疲労感が取れない
・胸が苦しい。
・ちょっとした事ですぐ息が切れる
詳しい施術内容は

来院時の症状

慢性疲労。常に疲れやすく疲労感が取れない。胸が苦しい。ちょっとした事ですぐ息が切れる。

カウンセリング・検査

manseihirouここ一年程の間、慢性疲労が続いている。会社を立ち上げて休みなく働いているうちに、徐々に症状を自覚するようになってきた。以前は気にすることもなかっ たが、階段や、ちょっとした小走りでもすぐ息が上がってしまう。土日も仕事をしている事が多く、休みはほとんど取れていない。仕事内容はパソコンによるデ スクワークが中心。肩こり、腰痛はほとんど感じていない。スポーツなど、体を動かす機会は全く無いとのこと。 検査の結果、立っている時の姿勢、バランスは特に問題ないが、座った途端に猫背がきつくなる癖がある。そのせいか、肩甲骨の可動域は非常に狭く、肩甲骨周 辺に活性化したトリガーポイントがある様子。また、座っていても常に肩で息をしていて、腹式呼吸がほとんど出来ていない。

原因分析

パソコンをする猫背の姿勢が、肩甲骨の動きをロックし、動かさないことによる血行不足がトリガーポイント発生の原因になっている。また、その周辺や背中の筋肉の緊張は、肺を含めた胸郭(きょうかく:肋骨に囲まれた胸の空間)を外から圧迫し、胸を膨らませにくくする。そのため、息をするのに自然と肩を上げるようになってしまっている。同時に、猫背による腹部圧迫のため、腹式呼吸も行い辛い状態。これらにより、呼吸が常に浅くなっている事が、慢性疲労や胸の苦しさの大きな原因の一つと思われる。

施術プラン

まずは、肩甲骨周辺のトリガーポイントにアプローチし、硬くなった筋肉を解していく。特に肩甲骨はモビリゼーションやストレッチを加えながら正しい位置へ矯正していく。同時に背骨周辺の筋肉や動きの悪い部分にも柔軟性をつけ、胸椎と腰椎を必要に応じて矯正。長期的には、正しい座り姿勢を覚えて猫背を改善し、しっかりとした深い呼吸が出来るよう、腹式呼吸を練習していく。

カイロ施術後の経過

施術1回目
施術中は、とても気持ち良いとのこと。部分的に硬い部分もあるが、体全体の筋肉の緊張の高さが気になる。最後に、肩甲骨を自分で動かす体操を指導。一日3~4セットを仕事中に行う。
施術2回目
前回初めて施術を受けた夜、1年ぶりぐらいにとてもよく眠れたとのこと。生活も不規則なため、眠りの浅さも自覚していた様子。施術内容は1回目と同じ。最後に肩甲骨の体操の復習と、首を正しい位置に戻すための体操を指導。
施術3回目
既に、今までと比べたら信じられないほど楽になったとのことでしたが、最初の2週間は体がまだ安定していない状態なので油断しないよう助言させて頂きました。最後に背骨全体を動かす体操を指導。
施術4回目
座っている姿勢が少し改善されている。さらに、正しい座り方のための、股関節のストレッチを指導。
施術5回目
疲労感、息苦しさ、ともにほぼ消失。最後に、正しい座り姿勢を指導。腹式呼吸の練習。
施術6回目~現在
依然調子は非常に良く、仕事がはかどるようになったとのこと。スポーツクラブ等で、体を動かすことをお勧めはしたが、今は時間が取れないとのこと。現在は、疲労回復、メンテナンスのため、2週間に一回のペースで来院中。 ※効果には個人差があります。

アクセス・地図

関連症状:
だるい トリガーポイント 呼吸が浅い 姿勢 息が切れる 慢性疲労 慢性疲労症候群 改善 整体 新宿 東京 治療 猫背 疲れやすい 疲労感 胸が苦しい 腹式呼吸 運動不足
この症例に近い症例
ストレートネックとは?
トリガーポイントとは?
首の痛み・寝違え
顎の痛み・顎関節症
腰痛・ぎっくり腰
腱鞘炎・手のしびれ
ゴルフ肘・肘の痛み
膝の痛み・ランナー膝
頭痛
坐骨神経痛
O脚矯正
骨盤矯正
慢性疲労症候群
背中・肩甲骨の痛み
四十肩・五十肩
  • 首・肩・頭部の症状
  • 腰・背中の症状
  • 手足の症状
  • 全身の症状
↑
↑