写真

スタッフ日記スタッフ日記

2014/08/01吊り橋のその先には・・

こんにちは!あおいカイロの新井です。

洞窟探検と聞くとワクワクしてしまうのはなぜでしょうか。 先日、関東でも整備された中では最大級の規模を誇る日原鍾乳洞に行って きました!

気温30℃を超す中、中の空気はなんと10℃足らず・・シャツ一枚はリサーチ 不足の賜物です。

平日の真昼間にその場所を訪れる人も少なく、ひんやりした空気と暗く狭い空間が 気分を盛り立ててくれます。

狭い入口からしばらく続くポトポトと水が落ちる洞穴を歩いた先に、突然視界の開けた場所が 現れました。連なる20メートル以上もの高さのある鍾乳石に360°囲まれる のは今まで味わったことのない不思議な感覚です。

各所がライトアップされ幻想的な雰囲気ですが、暗く広くそしてひんやりした空間で 誰もいない・・聞こえてくるのは滴る水が地面にぶつかる音と、か細い声で泣くような 風が吹き抜ける音のみです。

しばらく見とれてしまいましたが、何万年もかけて作り出される自然の造形美には ただただ圧倒されるばかりですね。途中、三途の川という立札のあるスポットに行き当たり ましたが、なんとか渡らずに引き返してくることができました。

最近ではケイビングという人の手がつけられていない野生の洞窟を探検するという スポーツもあるそうです。興味のある方はこの夏ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 自然が発するパワーをぐんぐん感じられるかもしれませんよ(^^♪

涼を求めて避暑地に行くのもいいですが、怪談話を聞いた時のあの背筋がゾクッとする感覚と 天然のクーラー、子供の頃にした冒険の時のワクワク、神秘的なものを目にした時の感動を 同時に味わえるこんな場所を訪れてみるのもおススメです!

○途の川はくれぐれも渡らないで下さいね(笑)

ストレートネック 大江戸線
代々木あおいカイロプラクティック
新井 祐太

2014/07/21『桃』に四苦八苦!?

こんにちは。
あおいカイロの米良です。

朝ごはんはフルーツ食!
を掲げてから約3ヶ月。
待望の『桃』がスーパーで売られ始めましたね。

『桃』というだけで何か、嬉しくなるのは僕だけでしょうか?
美味しいのは勿論、栄養も豊富だというイメージが
漠然とあるのですが。

調べてみたところ、桃は食物繊維が豊富で老廃物を排出し、
病気を防ぐ「仙人の果実」と呼ばれている果物との事。
桃の果肉には、鎮痛剤や鎮静剤の働きがあり、
中国では、邪気をはらう魔除けの力があるともよく言われるそうです。

果物の中でも一目置かれる存在だったんですね。
そういえば病気の時は食べさせてもらってた記憶があります。

そんな桃を購入したのですが、はて、
どうやって剥けばいいんだろう?
皮が薄いのでリンゴのようにはいかなそうだし・・・。

ネットで調べてみると色々な方法が紹介されていましたが、
一番メジャーなのが、アボガドのように切れ目を入れて
くりっと捻って半分に割る方法。

試してみましたが、失敗!!(;゚Д゚)!
種が果肉に強く付いていて捻り切れません!
種類によって違うのか?う~ん。

しょうがないのでトマトのように
「湯剥き」をして皮をツルっと剥いて
スプーンでそのまま食べる、という方法でしのいでます。

缶詰のようなキレイな桃に切れるようになるにはまだまだです(-_-;)

手のしびれ・腱鞘炎の専門治療
代々木あおいカイロプラクティック
米良 直

2014/07/19長男誕生。

こんにちは。あおいカイロの秋山です。

私事で恐縮ですが、この度わが家に新しい仲間が加わりました。
3208gで生まれた長男です。
生まれてきてくれて、産んでくれて、ただただありがとう。
これから3人の新しい生活がスタートです。

7月に臨月に入ってからは、成長のペースが早く、予定日より6日早い出産でした。実は生まれる前日の検診ではまだもう少しかかるね、なんて言われていましたが、大自然の力というのは凄いもので、台風・満月・地震が重なった早朝に陣痛が始まり、その日の夜に無事生まれてくれました。

ちなみにですが、4枚目の写真、生まれる3日前まで芝の上で白球を打っていた気合の入った妻です(笑)。私も妻も、ゴルフ好きになってくれるといいなあ、と願うばかり。3人で出来る日が今から楽しみです。
これから忙しくも楽しい毎日になりそうです。

あおいカイロ
秋山誠司

トリガーポイントの専門治療
代々木あおいカイロプラクティック
院長 秋山誠司

2014/07/10張りつめた空気の中で。

こんにちは!あおいカイロの新井です。

少し前に、関東でも有数のパワースポット・・三峰に出かけて きました。

「そうだ、京都へ行こう」JR東海のCMでお馴染みですが、 実は前日に夢の中でそのメロディーとフレーズが出てきました。

京都とまではいきませんが、以前から行ってみたかった所なので 思いきりました。

少しだけ情報を入れとこうとガイドブックに目を通すと、半端な覚悟で行ってはダメ、と言わんばかりのことが書いてあったので、 朝の怠けきった体に鞭を打つため、その場で腕立て伏せをしてから 出発です。

現地に着くと、確かに空気が張りつめた感じがするのは気のせいでしょうか。

風の音と鳥の鳴き声しか聴こえてこない中で周辺を散策していると、 「見学自由」と書かれた藁ぶき屋根の古い民家を見つけました。

瞬間、♪たーららたーららたらーらら・・夢の中に出てきたあのメロディーと フレーズがよぎったので、自作自演「そうだ三峰へいこう」のイメージ写真を 撮ってみました。・・・行きたくなりませんか?(笑)

念願のシカとの共演も果たすことができ、時間をかけてここまで来た甲斐が ありました!

都会の喧騒を離れて、ゆったりとした時の流れに身を任せたくなったらぜひ三峰へ! 観光大使のオファー待ってます。

坐骨神経痛 代々木
代々木あおいカイロプラクティック
新井 祐太

アクセス・地図

↑
↑